地球・環境・命」カテゴリーアーカイブ

この暑さはいつまで続く

今日は事務所の当番です。
長い一日、まずはさんぽ道の原稿を久しぶりに書こう!と思い立ち、
サイトを確認。
前回から約10日が過ぎていました。

世の中、激しい10日間でした。
とにかく、暑いです。
完全に溶けています。身体も脳も・・・
燃えてしまいそう・・・と呟くと、
ほんとうに燃えてしまって、大変なことになっている世界のあちこちの山火事に、
言葉を飲み込みます。

地球上のどれだけの森林が燃えてしまっているだろう。
熱波が地球を覆い、想像をはるかに超えた自然災害が広がる。
この先、どうなっていくのかと思うと、ただただ不安です。
こんな世の中に、大切な命をつなごうとしている自分の子供たち、
そしてあまたの人々から、この未来を受け継いでいく世界中の子供たち。
どうか穏やかにと手を合わせて願うしか、何もできない・・・

また、気候変動のせいで想定外のルートを通った台風12号は、
その前の豪雨で痛めつけられていた地域を再び襲いました。
それはまた、夏休みの子供たちから、楽しい予定を取り上げていきました。

私も・・・
何年かぶりで友人たちと、
花火を見て楽しい時間を過ごす予定だったお泊り会もキャンセルに。
若くないから無理はしない。後ろ髪引かれながら中止にしたら、
ニュースでは熱海の道路やホテルの高波被害にビックリ。
中止にしてよかったと胸をなでおろしました。

とはいえ、キャンセルしたのと交換のように、
私の元へ飛び込んできたのは、
体調不良のママさんに代わっての孫のお守です。
夏は、元気な人だって予測できない体調不良をおこすのだもの、
明日のことは誰も予想できない。

友人や仕事仲間から、「熱中症」にかかったらしい・・という話もききます。
自分ではすぐに「熱中症」とは分からない。
いろいろな症状があるので、特に「だるさ」と「気持ち悪さ」には要注意です。

この猛暑、いつまで続くのだろう?
まだ8月になったばかりなのに、例年なら8月末頃に感じる夏の疲れと、
早く秋にならないかという切実な願いが、
身体や気持ちを覆いつくします。
ほんと、たまりません・・・

いつものようにお弁当。昨夜は用事がいっぱいで、準備をしたくなかったけど、
コンビニのお弁当を買うのは寂しすぎるので作りました。
まあ、昨夜の残りのエビフライとかがメインで手抜き。

トマト大好きな孫は、じいじが育てた真っ赤なトマトを
楽しそうに刈り取って、たくさん食べました。

公園で遊ぶのはちょっとだけ。暑すぎて。
あとは近所のお店のペットコーナー。
毎日通って、1時間以上ここで過ごしました。
孫守りもこの暑さではほんとにたいへん・・・

早朝からよく聞こえるのはクマゼミの鳴き声。
やがて、アブラゼミは激減してしまうのではないのかな。
ちょっと心配になってきました。
変わってしまった生態系を戻すのは不可能・・・

夏が暴れる

「歴史的な豪雨」「最大級の警戒」「記録的な大雨」「経験したことの無い・・・」
いやでも、恐怖心をかきたてるような報道に、背筋がぞわぞわした2日間。
まだ、これからも警戒は続き、被害が広がる恐れが消えません。
救出を待つ人たち、避難している人たち、いつになったら元の生活に戻れるのか?
今も、豪雨のニュースが。。

私の住んでいる関東地域だけは、梅雨前線がかかっていず、
豪雨からも免れていますが、
たくさんの犠牲者のニュースに、ただ言葉もありません。

早々の梅雨明け。続く猛暑。
そしてこの記録的な大雨。
そしてそして、地震です。
昨夜、この辺りは震度3だったとはいえ、いつもと違う揺れ方に、
ちょっと驚き、青くなりました。

いろいろな気象の変化や、地球的規模の変化の流れ。
どうしようもないので、私たちの世代はすでに達観の人も多いです。
でも、自分の次の世代、そしてその次の世代・・・
子供たちと孫たち、みんな無事に過ごしてほしいと、
願うのはそればかり。

さんぽ道を書かなかった半月ほどの間、
世の中、次々と大さわぎ。
特にFIFAワールドカップの日本代表の戦いには、
そこいら中が熱くなっていて、やけどしそうでした。

「にわか」観戦者には、コメントなどできませんが・・・

社会問題も聞き逃せないようなことが次々と。
そしてこの災害・・・
(ニュースが一辺倒になって胸をなでおろしてる人もいるのかな?)

我が家の家族にも、先日の台風の影響で、
早めの夏休み、帰宅が出来ずに大騒ぎになって私も余波をうけました。

何かあるたびに、エッセイを書こうと思って、
昼間は頭の中に、文章が次々と流れていくのに、
時間がすぐにそれらをかき消していきます。
忘れちゃう・・・

今週も、毎日仕事が続いていて、少し余裕を失っています。
暑さにも負けてぐったり・・・

Instagramは、さらさらsarasaに載せた昔の写真を、
再編集して載せているのですが、
(時々、リアルタイムで撮ったiPhoneの写真などもプラスしつつ)
そんな時間も無くなって、このところお休み中。
今日のさんぽ道、文字ばかりじゃ味気ないので、そんなInstagram写真の中から、
ツルハナナス(友達がプレゼントしてくれて庭植えしたもの)をこちらにも。

で、写真の株はいつのまにか消えてしまいました(TT)
あらためて写真を見て、お花の可愛さも懐かしく、ネットで花苗を購入です。
(白だけという花は無くて、だいたいこんな色ばかり)
早く庭に植えてあげないと!

もうひとつ写真・・・関東地域が梅雨明けした6月29日です。
Facebookには載せたけれど、ここはまだだったので。
半蔵門に仕事ででかけ、時間までブラブラ散策。
その時見上げあ空に、白い雲がポッカリ! 夏の雲だ!と思わずiPhone。
そしたら、朝までは梅雨だったのに、突然の梅雨明けのニュースでした。
でも、その後、こんな梅雨前線の影響の豪雨被害が起きるなんて・・・

今日は雨

関西で地震がありました。
家屋が破壊されたり、大火災や津波が起きたりという被害こそなかったけれど、
親しい友人が震源地の上に住んでいて被災し、
住んでいる人々の生活がどんなにグチャグチャになったのか、
身近に知ることになりました。

大切な命も奪いました。
地震は怖い・・・

それでも、被災しなかった人間にとっては、
昨日も今日も、いつものように過ぎていきます。
心のどこかに、「明日は我が身」を思いながら。

せめて赤いバラを・・・ 雨粒を輝かせたバラです。
(Instagramより。元の写真は過去に撮影したのものです)

フラワーセンター

大船にある県立のフラワーセンターが
指定管理者制となって日比谷花壇関連の企業が管理に携わり、
愛称も「日比谷花壇大船フラワーセンター」になりました。
4月にリニューアルオープンしたばかり。

NPOの仕事の関係で、取材らしきことが必要だったので、
DUCKの仲間を誘って行ってきました。

お天気に恵まれ、花と緑に囲まれて、
こんなに良い気持ちになったのは久しぶり。
やっぱり、植物の勢いが溢れる場所を歩くのはいいです!
仕事や家事や家族の世話や、その他もろもろで、
なんとなく外に出ることから遠ざかっていました。
良い季節になるんだもの、出て行かなくちゃ!

しかし今年は、アレルギーがひどかった。
アレルギーは鼻や眼ばかりでなく、身体中のあちこちを不調にします。
そこに、ストレスなどが重なれば、なかなか体調も戻りません。
連休も近いし、爽やかな五月もすぐそこ。
毎日を楽しまなくちゃね。人生あっという間に終わりますから・・・

いただいた画像ですが

私たちはインターネット上で、いったいどれだけの画像を見ているのだろう。
その昔、通信速度が比較にならないほど遅かったころ、
画像は重たいので、表示できない、あるいは表示するまでに時間がかかる、
Webページの1ページ内に複数の画像(写真にかかわらず)を置くと、まるで開かない・・・
そんな状況から時を経て・・・
今は、画像や動画が溢れるほどの情報を私たちに与えてくれています。

溺れそうになるくらい・・・

FacebookやInstagramはその最たるもの。
若者に交じって、中高年もしっかりその世界に存在中。
まあ、私もだけど・・・

そこでもらってきた画像を少しばかり載せてしまおうというわけで、
著作権に引っかかったらごめんなさい。

Instagramは、私にとっては未だによく理解できない底なしの世界。
でも、素晴らしい写真が毎日のように流れてきて、
(わけのわからない写真も来るけど)
わ~きれい!とつぶやくことも日に何度もあります。
そんな写真を、一瞬の隙に目にとめることの楽しさ・・・
私にとってのInstagramはそういう価値で続けています。

こちらは、FacebookにもInstagramにもありました。
お気に入りの2CELLOSの一人です。
うふ、、とか言いながら見ているかも・・・

こちらはカレンダー(って言わなくてもわかる)
iPhoneのアプリを使って、iPhoneに保存してあった写真を加工しました。
こんなのが簡単にできちゃう、すごさ!
で、無料のアプリを使っているので、8月のところにあるロゴ(Photo Lab)が取れません。
有料にバージョンアップすれば消えるのだけど・・・
どうしようかな?

Facebookです。
殺処分ゼロを目指した活動している人のFacebookに載っていました。
ああ、ほんとに!  捨てないで!
犬を飼ったら(動物を飼ったら)、命が尽きるまで大事に育てるのが私たちの使命です。
飼主を信じて、いつもそばにいて飼主を喜ばせてあげようとしている犬たちを、
どうして捨てられるのか!
この写真見たら、涙が出てしまって止まらなかった。
それで、いただいてしまいました。

そんなこんな・・・ Webで目にする画像たちに、
溺れないようにしながら、日々の生活に刺激をいただいています。

シクラメンのかほり・・・

シクラメンの香りは、けっして良い香りではないのに、
良い香りがするものだと長い間思っていた人を、私は知っています。
でも、香りはともかく、冬の寒々しさの中で、
窓辺のシクラメンが「冬もいいものだよ」と教えてくれます。

そんなシクラメンを毎年贈っていただきます。

今年も窓辺が明るくてかわいい!
で、その向こうにも・・・

去年のシクラメンが、今年はなんと、無事に夏を超えました。
って、特別な手入れをしたわけじゃなく、
庭の木陰で、他の植物と同じように水やりしていただけなのだけど。
こんなに青々として、そして・・・

蕾がたくさん上がってきています。

今年の冬は、シクラメンの2つの鉢が、いつもよりも以上に、
寒い冬を楽しませてくれそうです。

可愛いツバメたち

夕刊の一面、トップ記事の副題に、
「都心 ツバメ2年姿見せず」とありました。

そうなんだ!
都心にツバメが来なくなってしまった・・・

そういえば、この近所でも。
以前は、あのお店の軒下、あのビルのコンクリートの屋根の下、
いろいろな場所でツバメが巣を作って、
目の前を、低く素早く飛び交うツバメの姿を目にしたのに。
もう、ずっと見かけていない気がします。

都心はもちろん、この辺りの街中は、
子育てできる場所ではなくなってしまったのね。
ツバメたちはどこへ行ってしまったのだろう?

親ツバメが巣に帰ってくるたびに、
黄色い嘴の赤ちゃんが、
我れ先にと大きな口をあけて餌をもらう。
可愛いその姿を、微笑ましく眺めていたのはいつまでだったか。

お店のご主人は、ツバメの巣の下に板を打ち付け、
巣が落ちないようにしてあげたり、
糞が落ちる辺りには段ボールを敷いてあったり、
それぞれが温かく巣立ちを見守っていてあげていたのに。

そんな風景は、もう過去のものになってしまった?
人はそうして、ひとつひとつ大事なものを失っていくのね・・・

ざんねん・・・

20161114moon

保険のセールスマン(セールスウーマン)と話をしていました。
もちろん、すでに保険には入っていて、
いろいろ見直しとか、そんなことです。

その中に、「*****10年後に*****」なんて話が続いて、
は~っと、気持ちが鉛になっていく・・・

10年後、私はどうしているだろう?
保険なんて縁のない、あっちの世界にいるかもしれないし、
あっちの世界に行っていなくても、
もう、自力で頑張っていけなくなっているかも?

だけど、今年生まれた孫たちは、
まだやっと10歳です。
この子たちが、もっともっと大きくなるまで、
見守ってあげていたいな~

などなどと、ふと思う・・・
雨で見えないスーパームーンの夜でありました。

特異日と言われても

11月です! って、昨日も書いたけど・・・

寒いです。冬物のコートを引っ張り出しています。
確か、11月3日文化の日は「特異日」と言われて、
晴天になる確率が高い、というのに、
明日も「朝から快晴~」にはほど遠い様子です。

と書いて、ふと、ほんとうだったっけ?と
Wikipediaで調べてみました。
良かった。間違いありません。

以下、いろいろな特異日がありました。(Wikipediaより)

———————-
◎日本(主に東京)の特異日の例
1月16日 – 晴れの特異日。
3月14日 – 晴れの特異日。
3月30日 – 雨の特異日。
4月6日 – 花冷えの特異日。
6月1日 – 晴れの特異日。
6月28日 – 雨の特異日。東京では53%の確率で雨が降る。
7月17日 – 雨の特異日。石原裕次郎の命日に当たり森田正光が「裕次郎雨」と名づけた事でも知られる。
8月18日 – 猛暑の特異日。
9月12日 – 雨の特異日。
9月17日 – 台風襲来の特異日。統計上、台風が日本列島に上陸する回数が多い。
9月26日 – 台風襲来の特異日。統計上、台風が日本列島に上陸する回数が多い。
11月3日 – 晴れの特異日。
———————-

そして、11月は私の「特別日」がある月です。
あはは(^^ゞ

横浜アリーナで久しぶりのライブがあります。
(ちなみに、12月はさいたまアリーナにも行くのですが)

20161102-1

うっとうしい空を吹き飛ばそう!

イソヒヨドリでした

何という名前の鳥なのだろう?と思いながら、
写真をFacebookにアップしたら、
教えていただけました。

イソヒヨドリという鳥でした。

私は初めて出会ったけれど、住宅地でもそんなに珍しくはないみたい。
可愛い鳥でした。
また会いたいな~