日常から」カテゴリーアーカイブ

2月ですから

そう、いつもバレンタインの時に素敵なプレゼントが届くのです。
忙しさに、すっかり忘れていて、
帰宅して、テーブルの上に届いていた小包に、すぐに気が付きました。

せっかくなのに写真が汚くて、よく分からないけれど、
可愛くておしゃれな袋物がたくさん! どれもとても丁寧に作られています。
いつもいくつも作ってもらっていて、しかもそれらは全部役立つのです。
袋の中にも内ポケットや仕切りがあって、小物を入れるのにすごく便利。
娘のところにももらわれていくし。
早速、もう使ってしまいました。お礼のメールを送る前に(^^ゞ

28日しかなくて、慌ただしい2月だけど、そしてすごく寒いし、
でも、良いこともあるのですね~

それに、昨夜は親友たちと新年会。
私の誕生日もお祝いしてもらって、やっぱり2月だ!

ミャンマーの病院に医療ライトを

子供たちの手術のために、医療ライトが必要です・・・
あどけない小さな子友達、でもその子たちのいるところは病院で、
それぞれが手術を待っている。
ある繋がりから、クラウドファンディングのページをぼんやり見たら、
そんな写真が飛び込んできて、
ほんの僅かな金額だけど、この子たちの役にたてればと、
ネットから寄付を申し込んだのはだいぶ前のことでした。

そのクラウドファンディングは成立して、
希望の寄付金額が集まり、
やっと、念願の手術用ライトが病院で使えるようになるのだと、
お礼のメールが届きました。

ほんとにほんとに、わずかな寄付ですが、
同じ思いをする人たちがそうして寄付をしてくれれば、
願いを叶えることができるのです。

クラウドファンディングは、いろいろな人たちの夢を現実にしてくれることも。
今、そんな寄付の形が根付いてきました。

ミャンマーの子供たち、ひとりでも多くの子供たちの手術が成功して、
元気になりますように・・・

寒さの中

「冬中、巣にいるよ!」って、ウッドストックも言ってます。
私も、暖房の効いた場所からどこへも行きたくない。

「さむいー」と一日に何度つぶやくでしょう。
ほんとに、ここ数日の寒さは耐えきれない・・・
縮んだ血管がそのまま固まってもどらなくなりそう。

先日の雪の日の庭の写真です。
咲き始めた梅の木にも容赦なく雪が降り続きます。

こちらは深夜の庭

このあと、雪は止み、これ以上は積もらなかったけれど。

さくらがいたら、この雪の庭で大喜びで走り回ったのに。
思い浮かべると、寂しすぎる・・・

そんな寒い中、とりあえず元気でいますが、
インフルエンザが猛威を振るっているそうです。
何が何でも、今は罹りたくない。
倒れたら、みんなを困らせてしまうから。

世の中がすっかり春になるまで、
この寒さの中でも、とにかく動きを止めずにがんばるつもり。

そういえば、
動きを止めないでいる間に、
嬉しくない特別な日もサラッと通り過ぎることでしょう。
そうだ! 免許の更新にも行かなくてはいけなかった。
忘れそう・・・

内覧会

住んでいる市の市役所がいよいよ正月明けにオープンです。

昨日、落成した市役所の内覧会がありました。
と言っても、私は見学しなかったのですが、
夫は見てきました。きれいだったそうです(あたりまえだけど)

駅まで行く途中にあるので、私も寄る時間はあったのだけど、
先を急ぎました。心ここにあらず・・・だったし。

気が付けば

気が付けば、シニアのNPOに参加してから7年が過ぎていました。

ということは、ビックリするような年齢です。

先月は、とうとう「高齢者講習」などという恐ろしい名前の講習を受けました。
19歳で卒業して以来、何十年ぶりに自動車教習所でハンドルを握ったのです。

どんなひどい運転をしても、落とされることはないのだそうだけど、
やっぱり、ちょっと固くなったかも?
とりあえず、無事に終えましたが、
「一旦停止の場所の停止の仕方がちゃんと停まっていなかった」との注意を受けました。

3人同乗しての運転講習で、他の2人は男性でした。
で、どうして男性ってあんなにぶっ飛ばすの?
せまい教習所の道路で、他の車はもっとゆっくり走ってるのに。
きっと、運転には自信があることを誇示したいのね?と
つい、思ってしまいました。

年を重ねると、「低くみられたくない男性」と
「もう年だからダメね~」と「甘えられる女性」と、
そんな違いのせいなのかも・・・?

まあ、そんな年齢ですから、日々老化との闘い・・・
忘れる、忘れる、忘れる・・・
言葉が出ない、名前が出ない、思い出せない・・・
ないない尽くしの毎日。
大丈夫なのだろうか?と心配になってしまう。

方や、1歳を過ぎた孫たちは、
脳細胞がどんどん分裂しているのが手に取るよう。
ものすごい勢いで、多くのことを吸収して、覚えて、
知能が発育しているのです。

こちらはひたすら忘れ、衰える一方なのに・・・
そして、特にそれが顕著な私。
気を付けないと、みんなに迷惑かけちゃうから。
どうしてよいか分からないけど、とにかくがんばります・・・

ひと月が流れ・・・

11月・・・とても久しぶりの投稿(久しぶりは珍しくないけれど)
気が付けば、丸1か月ぶりになりました。

元気です! 一応・・・

この1か月、世の中はめまぐるしかったです。
以前だったら、そんな出来事のひとつひとつに、
溢れるほどの思うことを書き連ねていただろうけれど、
思いは溢れてたけど、パソコンの画面に向かってキーを打つ気力がどこかへ。

どこに行っちゃったんだか??

直近では、あまりにむごい事件報道に、
できれば、何も想像したくなくて、目も耳も背けています。
まるで、猟奇スリラー本みたいで、現実の事件とは思えない。

衆議院選挙もあったし、
恐ろしい交通犯罪もありました(東名高速での)
そして何より、台風が続き、雨ばっかりの10月にうんざりでした。

孫たちが勢ぞろいして、忙しいけど最高に楽しい時間を過ごし、
仕事は相変わら忙しかったけれど、
本も映画も、それなりに十分楽しみました。

というような日々を過ごし、今年もあと2か月。
きっと、超が3つくらい付くほど速く過ぎて、一気に今年も終わるのでしょう。
そして、また年が増えるのです・・・ こればかりは減らないものね~

掌(てのひら)掌(たなごころ)

手のひらの真ん中が、かすかに痒いのです。
ここしばらくそんな感じが続いています。
左手ですが、右手もちょっとだけ。

なんでかな? 赤くなったりはしていない。
でも、湿疹の一種だろうか?

ふと考えると、手のひらって「器」だなと思いました。
顔を洗う時は、手のひらにお湯をためる。
化粧水、乳液、洗顔液などなど、瓶から手のひらに移してつかいます。
今の時期、欠かせない日焼け止めクリームも!
シャンプーやリンスももちろん。

毎日、いろいろな液体を手のひらにのせているのだ。
思えば、痒くなっても仕方ないかも。
(そんなことは無いか・・・)

握手するときにも、手のひらは大切な道具。
握った手の暖かさを感じ取るのは、この手のひらから。
もし、手のひらの感覚が鈍かったら、
相手がどんなコミュニケーションを求めているか分からなそう。

・・・って書いたけれど、
久しく握手ってしていなかったかも。
日本人は、特別な場面でしか握手をしない種族だものね。
ビジネスシーンでする握手ではなく、
初めて会ったときの挨拶でする握手ばかりじゃなく、
もっと日常的に、気軽に握手をする習慣があったら良かったかも。

きっと、手のひらが、口より目より先に「よろしく!」と言いあうことだろう。

と、キーボードを打っていますが、掌がやっぱりちょっと痒いです・・・

ご近所情報

8月30日、駅のそばのさいか屋2階に
TULLY’S COFFEEがオープンしました。
ここは、以前、カフェ・コムサがあったところで、
前を通ると、ウィンドウに並んでいるおいしそうなフルーツケーキに、
おもわず引き付けられそうになっていました。
立ち寄ったことはほとんどないですが。

駅の反対側にもTULLY’S COFFEEがあります。
でもそこは、いつも混雑していて、
1度くらいしか入ったことがありません。
でも、こっちのTULLY’S COFFEEは入りやすそう。
仕事の途中に(仕事場が近いです)便利な場所だし。

休めるところの選択肢が増えて嬉しいです。

「メンドくさい」を言わない運動

推奨しています(?)
日々の中で、「メンドくさい(面倒くさい)」を言わない運動です。
まあ、身の回りの人を巻き込んでるだけで・・・
そして、たいていは無視されますが・・・

私の連れ合いは、なんでもかんでも「メンドくさい」のです。
だから、物をあまり仕舞いません。
「すぐ使うから、片付けるのは面倒だ」なのだそうですが、
日に1度使えば良い方で、何日も触った形跡のないものでも、
そのまま置きっぱなしになります。(すぐ使わないじゃん)
なので、黙って私が片付けてしまいます。

仕事仲間や、いろいろな現場で、
「それって面倒だ」というような言葉を聞くと、
「面倒と思わないでやれば、なんでもない」と提案します。
が、話はたいてい宙を通り抜けてしまいます。

ところで、現代は声を発するのも面倒らしく、
短縮語がますます勢力を広げています。
たとえば、複数の人からO157が検出された例のニュースで、
罹った人が食べたのは同じ製造元のポテトサラダだった(らしい)と、
繰り返し報道されていました。
そんな中、民放のニュース番組に出ていた見出しには
「・・・ポテサラ・・・」と大きく書かれていて、
思わず目が固まってしまった!

ニュース番組のタイトル文字に「ポテサラ」って・・・
「ポテトサラダ」って書いて欲しい!
若者たちが会話の中で「今日のランチのポテサラはさあ~」って言うのとは、
言葉の重さの違う場所なのに。

番組の制作者が面倒だったのか?
それとも、視聴者に受けいれやすい、と思ったのか?
もしそうなら、視聴者は軽く見られているわけです。これは怒るべき。

短縮語は「面倒だから」の最たるものだと思います。
早く結論を言いたいために、分かってもらえる単語はできるだけ短くする。
だけど、それでいいのかな?
「心の丁寧さが欠ける」よね、って思ってしまう。
例えば・・・元の言葉、分かりますか?

・セトリ
・レンチン
・チャリコン
・エイハラ
・クレカ
・ボッチ
・クロゲン
・コスパ
・セカオワ
・トレエン
・カラバリ
・ドイタマ
・ツンデレ
・おたおめ
などなど・・・

短縮語=メンドくさいから
ではないのかもしれないけれど、
ほんのちょっとでも「面倒だから」という気持ちならば、
あなたは、年を取ったとき、誰よりも早く老化します。

身の回りのものを、より面倒にしておくことが、
老化をストップさせることに、必ず役立ちます・・・
って思うのよね。違うかなあ~

「メンドくさい」を言わない運動、がんばりましょう!