その他のエンターテイメント」カテゴリーアーカイブ

ホール問題

知ってますか?
「ホール問題」のこと。

————–
「劇場・ホール2016年問題」とは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、首都圏の大型施設の閉鎖、建て替え、改修時期が重なり、2016年以降、コンサートや芸術舞台の会場が不足することに対し、芸術団体、プロダクション、プロモーターらの危機感から浮上した問題。

今年に入り、1月末に東京・青山劇場(収容人数1200人)が閉鎖、3月末に日本青年館(同1360人)が一時閉館(18年初夏をメドに移転)、10月4日をもって渋谷公会堂(同2084人)が建て替えのため一時閉館に。来年には横浜アリーナ(同1万7000人、1月12日~6月30日まで休館)、さいたまスーパーアリーナ(同3万7000人、2月15日~5月15日まで休館)の改修工事期間が重なる。ホールの閉鎖が進んだ2004年から今年までに累計で2万5000席余りがなくなり、さらに2016年には6万席余りが使用できなくなる期間が出てくる計算だ。
————–

東京オリンピックは色々なところに影響を与えているけれど、
これも大きな問題です。

ああ・・・心配!
今続いているホールツアーは
1月23日の鹿児島で一応スケジュールが終わります。
そして次は、アリーナツアーが始まるというのが定例です。
ホールツアーではチケットを取れなかった多くのファンが、
観客動員数の多いアリーナツアーでは、なんとかゲットできて、
念願のコンサートに参加できるのです。

が・・・
大丈夫なのだろうか?
ホールツアーは、ちゃんとスケジュールされているのだろうか?
まだ、何も発表が無いので、
ファンはみんな心配しています。

あ! ホール問題は、何も浜田省吾のツアーのことだけじゃなくて、
沢山のアーチスト、演芸関係の人たちが危機を訴えているところです。
どうなるのだろうか・・・

大相撲KITTE場所に行きました

ガラガラの抽選に当たった「大相撲KITTE場所」のチケットを持って、
行ってきましたよ。 お相撲はぜんぜんわからないけど。
ほとんど期待していなかったので(よく分からなくて)iPhoneしかなくて、
一眼レフデジカメを持っていくべきだったと大後悔でした。
本格的な大相撲だったのだもの。 侮っておりました。

20150829sumou2
KITTEの3階から下をのぞいてみました。
私のチケットは3部(取組)の席ですが、土俵ではもういろいろ始まっています。

20150829sumou3
そして3部になり、私も入場して着席。
3列目の席で、目の前にお相撲さんがドアップです。

20150829sumou4
あの紙袋に塩がはいっていて、ひしゃくで組んで、上の竹籠に。
テレビでは見えない小道具も目の前でした。

20150829sumou5
白鵬の化粧まわしを付けるところを公開。
こんなにたくさんの力士の共同作業なのね。
私の席は向こう正面なので、背中側。

20150829sumou6
子供連れの関取。紙おむつの坊や、キョトンとして可愛かった!

20150829sumou7
土俵入りです。 しこを踏んでる所は背中向きになってしまうので撮らなかった。

20150829sumou8

20150829sumou9

動きが早いので、取組の写真を撮るのは難しい・・・

20150829sumou10
結びの一番は、横綱 鶴竜と

20150829sumou11
横綱 白鵬

20150829sumou12
勝負は鶴竜に軍配が。

その後、弓取り式があって、本日の取り組みは終了でした。
本場所ではない巡業場所だけれど、
日本の伝統である相撲をたっぷり体感できました。

それにしても、お相撲さんっておおきい!
そして、みな素敵でした。
会場では、熱烈なファンの人たちもたくさん来てるらしく、
関取の名前の掛け声があがったり、
私の周りでは、キャーキャー、かわいいー の歓声。
最近、相撲女子と呼ばれるファンが増えていると聞くし、
なるほどな~と思いながら、楽しんできました。

KITTEの吹き抜けのフロアー、どの階もぎっしりの立ち見客。
あらためて、すごくラッキーだったんだ!と知りました。
滅多に、ガラガラの抽選に当たることなんてないのに、ね。

5年後の昨日

エンブレムが発表になり、
ネットでも、いろいろな感想が飛び交っていました。

20150725gorin

パッと見た目、「和」を強調しているのが分かったけれど、
好みで言えば、黒じゃなくて明るいブルーとか、
綺麗な色だったらいいのに・・・と。
まあ、それは人それぞれ。

でも、こっちは確か!

2020年の昨日7月24日が開会式なのだそうだ。
http://2020tokyo2020.com/jp/olympic/program.html

この暑さの中で?!
今日も昨日も、明日もずっと、東京は35度よ。
2020年になったら、もっと気温が上がってるかも。

そんな猛暑の中で、オリンピック競技?
水泳や、屋根のある競技場の中でやるものはいいけど・・・
選手たちは大丈夫なの?
心配になってしまう。

夜になっても部屋の中は30度です・・・

 

Episode3

何時の間にか、Episode3が放映されているらしい。
私は見ていないので、You Tubeで見ました。
やっぱり、CMとしては破格のかっこよさと思う・・・

世の中、いろいろなことが次々に起きています。
誰もが心にたくさんの思いを抱えていると思うけれど、
さんぽ道では、ミーハーな私が相変わらずのエンターテイメントで・・・

言葉は文字にすれば、瞬時に平板なものになってしまう。
まして、私などが表現すれば、陳腐なものしか書けないものね。

言葉、書く、といえば、芥川賞が大きな話題をさらって、
ある人の「ものすごくうまい」という評価も読んだので、
そのうちKindleにダウンロードして読んでみよう。
でも、今は¥1000円だから、文庫本になってからかな。

おもちゃの世界から

iPhoneの小さな音とともに、可愛い写真が届きます。

今日は東京おもちゃショーの会場から。
お母さんのやっていたお仕事の関係で、毎年子連れで会場へ。
今年は興味津々の眼であちこちのブースを楽しんでいる写真がいっぱい。

20150620omotyasyo1

何年前だったか、私も息子と行ったことがあったけど、
世の中のおもちゃというおもちゃがすべて集合したような会場は、
子供ばかりではなく、大人も夢中になってしまう世界。
しかも、年々、おもちゃの進化は巷の人間のイメージなど、
超速で飛び越えて、どこを見ても目が輝いてしまう。
孫も、きっとたくさんたくさん楽しんできたことでしょう。

20150620omotyasyo2

毎日寂しい思いをしている私に、こんな写真も届きました。
かわいいな~

ところで私は、といえば、
梅雨を忘れたかのような良いお天気だったけど、
天気には関係なく、いつもの病院へ。
薬が切れそうだったので・・・(やくが切れそうだ、とは読まないで)

終わったらちょうど12時。お腹が空いて、
そのあと、寄り道ができそうもないので、
道の途中にあったカフェで、珈琲とサンドイッチ。
空腹に耐えられない体質です・・・

20150620lunch

その後あちこち寄り道して帰宅。
帰宅後、まだ黄昏前なのに、家事も仕事もしたくない気分。
今日はなんだか、中途半端な一日になりました・・・
せっかくの気持ちの良い土曜日だったのに。

 

山口小夜子展

あの時代(1970代)は、写真が世の中に大きなエネルギーを与えた時代でした。
時代を切り開いていったカメラマンが多く世に出て、
映像は、まさに新時代へ突入していきました。

ちょうど私が大学のころ。一応カメラなどを触っていた青春時代。
特に、資生堂のポスターのセンセーショナルな構図と色。
そして、見るものを強く惹きつけるモデルたち。

その一人に山口小夜子がいました。
彼女の資生堂のポスターを撮り続けたのは横須賀功光。
あの、まわりをすべて拒否するような強いまなざしは、
新しい時代そのものでした。

世界の一流モデルたちの中で、
ひときわ異彩をはなっていた山口小夜子。
日本人が、世界的な一流モデルになるなんて考えられない世の中だったのに。

その後、多くの写真家が彼女をモデルにし、
また自らも映像作家や音楽活動、舞踊、舞台、創作と、
溢れるような才能でいろいろな活動をしていき、
多くの芸術家たちと創作活動を続けていきました。

その山口小夜子展が東京都現代美術館で開催されている、
というので友人と誘い合って行ってきました。

20150616saten1

20150616saten2

20150616saten3

20150616saten4

会場は、ファッション関係? デザイナ~? と思えるような若い人たちが多かったです。
見応えのある展覧会。
そして、あらためて山口小夜子の才能に感嘆。
行って良かった!

地下鉄半蔵門線「清澄白河」の駅の階段で、お相撲さんにすれ違いました。
そっか、そういう地域なんだ! なんだかそれだけでワクワク。
半蔵門線をもうちょっと乗れば「スカイツリー駅」だわ!
今度は、そこまで行ってこなくちゃ、と思ったり・・・

エンタメ系(ハート系)荷物届く!

仕事から帰宅したら、amazonから荷物。
早速開封! そして、iPhoneで!

20150119hontodvd1
(ハートの鍋敷きは、私の名前の上に載せただけです。でもハート!)

完璧なエンタメ荷物です♪

小説すばる・・・ 初めて買いました。
こんな分厚くて、小説がいっぱい。
本命を読み終わったら、いろいろと読み漁るのも面白いかも。

本命はもちろん!
Facebookでみんなが「読んだ!」「よかった!」と賑やかでした。
映画「アゲイン」の原作者とのインタビュー記事です。
ということで、購入です。

20150119hontodvd2

20150119hontodvd3

こちらは・・・
実は、思いがけない過分な報酬があって、
これは何かに使わなくちゃ!ということで背中を押され、
amazonでいろいろ検索して、この2つのDVDに決定!

もう見れなくなってしまったし。
せめて、DVDで堪能して、ひとりで楽しもう!ということで。
なかなか、そんなゆったりした時間は取れないけど・・・

観たい方がいたら、一緒に観ましょう(^^)v
(そんな人、居ないか・・・・)

20150119hontodvd4

 

 

フィギアをゆっくり

20141227ice

最終グループの滑走順が表示されています。
去年までは、はらはらドキドキ、息もできないほどに
じっとテレビ画面を見つめる時間があったけれど、
今年は、とっても気楽です。

ひとりひとりの演技を楽しみながら見ています。

今、宇野選手の演技が終わって、暫定1位の表示。
頑張る姿、若いエネルギーが躍動していてとても良かった。

去年までは、他の選手はみんなライバルみたいに思えていたので、
おかしなものです。今年はそんな気持ちが無くてクリアです。
町田選手のインタービューのときなどの「どや顔」的な表情が、
なかなかダメだったけれど、
今年は、その自信満々のところが気に入ったりしています。
ファンってほんとうに身勝手です。

みんな、がんばれ!
そして、素晴らしい演技を磨いて、世界の頂点へ飛んでほしい。

無良選手が終わりました。次は羽生選手。
小塚選手も、まだまだがんばって!

フィギアと音楽

20141108gekitotu

テレビの前で、思わず大声をあげてしまった!
きっと、誰もが、言葉にならない叫びをあげたことでしょう。

練習中にぶつかることは、たまに見かけて、
ダメージを受けた選手が欠場したシーンも記憶にあるけれど、
この試合のトップ選手が、これほどの激突をしてしまうなんて!
ドキドキが止まらないくらいでした。

その後のことは、LIVEを見ていた人はもちろん、
ニュースでも大きく取り上げられてるから、周知の結果です。
誰も思いは同じなので、なぞりませんが・・・

このアクシデントとは別に、
私にはとってもびっくりしたことがありました。
今年から、フィギアの試合に使う曲に「歌」が認められました。
昨日まで、ほとんど試合中継を見ていなかったので、
それを身近に感じていなかったのだけど、まるで違うじゃないの!って。

「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」や
「オペラ座の怪人」はともかく、
一番驚いたのが、「Viva la Vida(コールドプレイ)」です!

♪ぉおぉ~おお~~~~~~♪  が氷上を流れてる!
もう耳が固まりました(って表現、あるのかな?)

iPhoneに変える前の私の携帯には、
3人の子供たちにこの着メロを入れたので、なんだか懐かしくさえ感じた・・・

そっか~ フィギアスケートの選手が、コールドプレイで踊るんだ!
大好きなこの曲で!

でも、あまりに体に染み込んだこれらの曲が流れると、
選手の演技を見ることに集中できません。
音楽が邪魔をする。
私だけかもしれないけれど・・・

でも、それも慣れるのよね。そのうち、ね。

フィギアの試合を見る私の心に、寂しさが漂うのには、慣れませんが・・・