秋を満喫

もう、すぐに日にちが過ぎてしまうので、
せかっく滅多に行かないドライブで写真を撮ってきたので、
遥かに過ぎ去ってしまう前に・・・

夫の重たいお尻を叩いて、箱根にドライブしてきました。
目的は仙石原のススキ。
そして、ドライブはスカイライン→熱海峠と大回りして熱海まで。

直前までの雨で、どこもまだ乾ききっていない。
おまけに空は曇天。コンディションは悪かったけれど、
それもまた、ピーカンの青空の下とは違う趣が(きっとね)

箱根は木々に深く覆われて、こんなに近いのに別世界。
そして、曇天の下ではあったけれど、紅葉があちこちきれいでした。
歩いて散策したら、そんな紅葉の写真も撮れて、
気持ちももっとリフレッシュできたかも、だけれど、
車窓から見る紅葉は、あっと言う間に過ぎ去って、あ~きれい! で終わる(^^ゞ

仙石原のパーキングのそばの紅葉・・・

自然の空気をたっぷり吸ったそのあとは・・・
夜は一人でコンサート(^^ゞ

9月初めにBDが届いていたのに、チャンスが無くて、
やっと見れました。
2022年1月の武道館ライブ、特別なライブの映像です。
3時間あった。すばらしかった。
そして、生のライブはもうすぐです。
このままコロナ感染が大爆発などしないで、無事に見れますように。

「紅葉の写真を撮ってきて!」との仕事命令で、
これは近くの公園のイチョウです。
友だちにも、紅葉の写真を分けてもらいました。
いろいろな仕事があるのです・・・

谷戸歩き

前日に「行こう!」と即断して、4人で出かけました。
もう当地でも珍しくなってしまった谷戸。
保全されて、出来る限り自然のままに残そうとしているようです。
しかも、ご近所! この谷戸の隣の新林公園へは、
足しげく通っているけれど、その隣にこんな場所があったなんて。

まずは、川名御霊神社へ。

前に来たことがあったのに、石段の記憶がない。
石段なんて、へ!とも思わない頃に来たのだろうな~

そして、目指す谷戸へ・・・

足を踏み入れた時からワクワク!
住宅街だった景色が、一瞬で田んぼや畑、木々の豊かな田舎の風景へ。
(田んぼはもう耕されていません。広い田んぼはススキの原っぱへ)
最高のお天気だったけれど、人はほとんど来ていなくて、
でも、大学生くらいを中心にした若者たちのグループが
野外活動を行っていて、そこだけ賑やかでした。

ススキの穂がキラキラしていて眩しかった。
だんだん汗ばむような陽気になってきて、11月中旬だということを忘れます。

池もありました。
足場も悪く、池には近づけなかったけれど、
きっといろいろな生物がいるのだろうな。

行き止まりになる小道もあり、
また、違う道はずっとこんな竹藪の中を抜ける道がありました。
そしてどうやら、この先は片瀬山という住宅地に通じるらしい。
しかも、その片瀬山方面から迷い込んできてしまった女性が向こうから、
「ここはどこでしょう?」と、漫画のような質問が飛んできました。

新林公園へ行って、そこからヨーカドーに買い物に行くつもりが・・・
間違ってこちらに入ってきてしまったとか。
途中、かなり険しい坂道を下りてきて、汗だくの様子でした。
その女性と私たちと、しばらくお喋りして、
バスの通る県道への方向を教えてあげて、
またどこかでお会いするかも(^^;)なんて話して別れました。

人はこんなのどかな風景の中に入り込むと、
誰ともすぐに親しみを感じるものなのかな、と納得・・・


友達が教えてくれました。この粒粒の実はスズメウリだとか。
赤くてスイカみたいな模様のあるのはオキナワスズメウリ
これは、野生に育つスズメウリだそうです。可愛いかった。

谷戸を保全している人たちが植えたのか、
道の傍に皇帝ダリアが群生していて、まさに野生のように伸び伸び。
上に延びずに、道の方へ倒れては、そこからたくさんの蕾をつけて、
これからまだ、しばらくは咲き続けそうでした。
秋の日差しに、ダリアの桃色がきれいでした。

さて・・・ブラブラ散策を終えてバスで駅へ。
お昼は、牛タンで有名なお店のそばランチをいただきました。
美味しかった!

大磯城山公園へ

中国の武漢から始まったコロナ感染症蔓延をうけて、
どこにも行けない日々がやがて3年・・・
しかも、猛暑でひきこもりの夏を超えて、
やっと友達と連れ立って出かけられる、こととなり、
外国にでも行ったみたいに、
さんぽ道の大きな記事がまた続きます。
鎌倉もこちらも、ご近所と言えるくらいの場所の散策なのに(^^ゞ

初めて訪ねた城山公園。
一月ほどあとだったら、燃えるような紅葉に迎えられたことでしょう。
でも、それだって大満足!

門の向こう側から、すでにモミジの木々がひろがって、
これが真っ赤になっていたら・・・と想像するだけで身体が赤く染まる。

城山公園は旧三井別邸地区と旧吉田邸地区とが
国道1号線を挟んで向かい合っている公園です。
先に入ったのは旧三井別邸地区。
大磯駅からバスで5つめ。「城山公園前」で下車すれば目の前です。
敷地21,000坪。広大なこの地区は、三井家の当主三井八郎右衛門高棟が
明治31年に茅葺の別荘を建てたことから始まったそうです。
三井別荘跡地の再利用案として公園課計画が始まり、
平成2年に県立大磯城山公園として正式に開園されました。
日本庭園には滝が、小山を登れば展望台、大磯郷土資料館、
茶室「城山庵」、大きな広場もいくつかあり、横穴墓群、不動池、
全部をゆっくり見学して楽しむと、1日がかりになりそうでした。

そしていたるところにモミジがあり、今月末にはライトアップも。
NPOの仕事仲間から、「一度行ってみたらいい」と勧められた理由に納得でした。

向こうの円形の建物が資料館。
なかなか興味深いものがあって良かったです。

少し上って展望台です。
さすがにお腹が空いて、ここでおやつタイムを過ごしました。
生憎の曇天で富士山は見えませんでしたが、海が広がっています。

茶室「城山庵」の庭でお抹茶をいただきました。

その後、旧吉田邸へも行きました。

吉田さんの銅像、海を背にしてどちらを見てる?
サンフランシスコ講和条約締結の地、サンフランシスコとワシントンの方角へ
顔を向けて設置されたと言われているそうです。

歩いている私(^^ゞ
あちこちで、ひたすらiPhoneのシャッターを押していました。

たくさん散策して、お昼はとっくに過ぎ、
大磯駅周辺では食べられるところも見つけられず、
結局地元の駅まで戻ってきて、Jパスタで遅い遅いランチでした。

今日は3人だったけれど、たっぷり楽みました。
が、やっぱり紅葉に染まった景色が見たかったかも。
今年はきっと無理だけど、来年は紅葉に合わせて出かけよう!