月別アーカイブ: 2015年11月

鎌倉へ

八幡宮は七五三の可愛いお参り客が目立っていました。
そうだったのね、七五三でした。
今日は飛び入りの予定が入って、そんな鎌倉へ。

紅葉シーズンの鎌倉駅に降り立ったのはひさしぶり。
DUCKのお仲間たちと毎年のように、
春と秋に鎌倉ハイキングを楽しんでいたころが、
すごく懐かしい・・・

久しく、そんな遠足も行っていません。
また行きたいね、と皆で言うのになかなか行けない・・・
と、思う心をあざ笑うように、
鎌倉はとても賑わっていました。

小町通りも、また新しいお店が出来ていて、
通り抜けるのも一苦労なほどの人の波。
ちょこっとお土産も買って、
時間もないので急いで帰路に。

そういえば、鎌倉も外国の人がかなり目立ちました。
国は色々。
日本が観光国になったことを、どこに行っても感じます。

朝の冷え込みがウソのように、
日差しが背中をポカポカに温めてくれていました。
本格的な紅葉にはまだちょっと早い鎌倉でした。

20151128kamakura

江の島を・・・

江の島の上空を飛んでいたのね!

20151127sh-2

これと比較すれば、江の島だとはっきり分かります。
自分で撮影した写真がときどきブログに掲載されているのです。

20151127sh-3

雲の上から、湘南のあたりを見下ろして、
カメラを構えていたんだな~
と、思うとちょっと楽しい♪

ツアーは今、四国です。 高松、松山、香川・・・
熱い熱いライブが続いています。

ファンのメッセージが掲示板に届いています。
http://sh-otr2015-2016.jp/after_show

20151127sh-1

忙しいと、よけいに逃避したくなる・・・ こちらの世界へ・・・

スケールが同じ・・・

今日、市の委託事業であるシニア向け支援事業の定例会でのこと。

会議の中で、次々と新規の予定が決まって、
みんな、自分のスケジュール表(手帳やノートなど)に予定を書き入れながら、
ちょっとため息交じりになりながら口々に出た言葉・・・

「次々とカレンダーが埋まっていくね~」
「あ~ ほんとうはもっとゆっくり人生を送るはずだったのになあ~」
「まったく、どうしてこうなっちゃうのかね、休みなしだよ」

わ~ みんな私とまったく同じこと思っているのね。
働くのが嫌いで無精者の私だから、いつも悲鳴をあげているのだとばかり。
みんなは、嬉々として働いているのだと思い込んでた・・・
私だけじゃなかったのだ。
そんなところに感心しておりましたが、
それよりなにより、仕事多すぎ!

スケール(目盛り)が違う

自分の世界だけで測っていると、
もっとレベルの違う世界があることに気が付かないものです。

って、たいそうな話ではないのだけれど・・・

230151126kobeya

今日はサロンのあと、珍しく友達とKOBEYAへ足を延ばし、
時間があるので、ビーフシチューランチにしました。
混んでいるのでそんなにゆっくりはできなかったけれど、
いつものようにiPadのことやら、日ごろのことなどお喋りを。

一緒に行った友達は、たくさんの孫ちゃんに囲まれています。
しかも、割と近くで暮らしていることや、ママさんがお仕事していたりして、
孫守りの大変なこと。
週末に子供たちだけ3人でお泊りだったり、
保育園や、習い事の送り迎えもじーじとばーばがお手伝い。

私はたった一人の孫だけだし、
何か月に1度、ママさんが一緒に連れてくるだけ。
だけど、数日いれば、楽しくて嬉しいけれど、けっこう大変。
だのに、友人たちはほんとうにすごい!

でも、ほんとうを言えば、
もっと近くに住んでいれば、孫守りで娘の手伝いをしてあげられるのに、
と、ひとりで奮戦している娘を思う母心・・・

しかし、母っていつまでたっても母なのです。
自分の母も、こんな気持ちだったのだろうな、と、
遠く、自分が若かったころの母を思い出しました。

何はともかく、いつでもヘルプの要請に受け答えらえるよう、
健康と体力、しっかり養っておかなくてはね。

※めずらしく、このエントリーはSurfaceで投稿。
ブラウザは、Edgeを使って。 少しは慣れなくちゃいけないし。
写真の編集は、無料のアプリをダウンロードしてやってみたけど、
使いかた分からん・・・で、なんか汚いです。

連休は孫と

連休初日に電車で娘と孫がやってきました。
駅まで迎えに!
会うたびに成長する子供。目を見張ります。
そんなに急いで大きくならないでね。

20151121kota1

右手に持っている青い棒は、母親が紙で作ったSWのライトセーバー!

子供の世界はほんとうに楽しい。
私に「お土産!」と手渡してくれたものはこれ。

20151121kota2

空けて見たら・・・

20151121kota3

色紙で作ったマグロの握り寿司が出てきました(^^)
ありがと~

子供がいると、家の中まで秋が届いてきます!

20151121kota4

3日間は、あっという間に終わり、23日には二人を送り届けて、
賑やかで楽しい時間が終わってしまいました。

子供がいる空間って、空気がやわらかくてあったかいよね。

スカート・・・

連休の前の日(11/20)
府中まで出かけました。
またまた、遠出です。私としては・・・

20151120-2

マリー・ローランサンの絵画展でした。
淡く夢のような女性の絵しか知らなかったけれど、
あのキュビズムの技法で描いていた時代があったとは・・・
一人の画家の、初期から晩年までの作品を見るのは、
新しい驚きがあるものなのですね。

で、一緒に行った友人がちょっとびっくりしていました。
私がスカートを履いていたから。

タンスの中を整理していて、もうスカート類は処分しようかとゴソゴソ。
でも、まだまだ着れる、と気が付いて、
最近は、ジーンズのタイトスカートや、こんなフレアースカートを時々履いています。

20151120-1

新鮮に感じたという友達が、こっそり私を撮ってくれていました。

スカートを履くと、自分が女性だったことに気が付きます。
そうなのよね。まだ、女性です・・・

ご近所情報

いつもの講座のため、午前のサロンの途中で退席し、
駅のKOBEYAでランチを食べて・・・ もうギリギリで電車に飛び乗って、
茅ヶ崎駅の改札を出たら、なんかすごく賑やか!

駅ビルのラスカがリニューアルオープンを明日に、
内覧会をやっていたらしい。
その内覧会に並ぶ人と、黒いおそろいのスーツを着込んだ男女の店員さんと、
たくさんの人たちでごった返していたのでした。

私は時間が無かったので、急いでバス停へ。
さて、講座が終わって駅へ戻ってきたら、もう内覧会は終わっていて、
お昼とはうってかわった静けさでした。
でも、お店は輝いていてきれい!
今度、時間のあるときに覗いてみよう。

20151119omise1

さて、こちらも明日20日オープンです。
写真は、今月初めのころの様子です。
藤沢オーパのフロアに、新しく出展する無印良品。
あの無印がクローズしてしまったので、これからはこちらで買い物することになるのかな。

20151119omise2

 

事実は小説のようにはいかない

残念なニュース・・・
————–
日本ボブスレー・リュージュ・スケルトン連盟は、東京都大田区の中小企業が中心となって開発した「下町ボブスレー」について、2018年開催の平昌五輪で日本代表チームが使用しないことを決めた。
http://www.sankei.com/economy/news/151118/ecn1511180027-n1.html

下町ボブスレーネットワークプロジェクト公式サイト
http://bobsleigh.jp/
————–

ドイツ製のソリと滑走テストをして、
ドイツ製の結果が上回ったということで不採用に。

そうなんだ。
現実は小説みたいにはいかないのね。

ロケットエンジンに積むバルブシステムは、
燃焼テストの結果、成功して、わが国初の国産ロケットに採用され、
「下町ロケット」は発射されたのに・・・

あ! 本とテレビと両方で、しっかりと佃製作所に入れ込んでいて、
この下町ボブスレーのニュースを聞いて、
頭の中でどうしてもクロスオーバー

ところで、これは私のiPhoneにある写真です。
( 「下町ロケット2 ガウディ計画」のKindle本より )

20151118sitamati

Kindleで本を読んでいると、
本の最初のページにある登場人物説明とか、
地図や系図などの解説部分をページを繰って見直す手間が、
とても煩わしい。

紙の本に比べて、不便なことの筆頭かもです。
で、その部分をiPhoneで写真に撮って保存しておき、
確認したくなったらこれを開くのですが・・・
(人の名前を覚えられないことが多い、ということです)

まあ、面倒と言えば面倒だけど・・・

あ、下町ボブスレー、がんばってください!
諦めないで!

【付】私は個人的に、佃製作所の社長さんより、帝国重工の財前さんのファンですが(^^ゞ

テロは許せない

テロで、自分たちの平和を得ることはできないのに・・・

20151115tuitou1

Googleが・・・

20151115tuitou2

Amazonが・・・

そしてFacebookでは、プロフィール写真を・・・と呼びかけています。

20151115tuitou3

20151115tuitou4

東京タワーも・・・

20151115tuitou5

スカイツリーも・・・

20151115tuitou6

都庁も・・・

心から追悼の意を・・・

さくら・・・

半年目の月命日でした。

6か月、長かった?短かった?と尋ねられて、
答えに窮しました。
どうなのだろう、分からない・・・

時々、突然、淋しさに襲われます。
さくらの姿が私の目の前に現れて、
それを目で追っている私がいます。
可愛かった笑顔や、お尻をふりふり歩く姿、
じっと見つめる視線、おもちゃで遊ぶ姿、
猛ダッシュで走る姿、嬉しくて私に飛びつく姿・・・

胸が痛み、ため息が止まらなくなります・・・

でも、
さくらが居ない生活が、当たり前の毎日となって、
そんな日々にはなんとか慣れました。
6か月はそんな時間の積み重ねです。

「また犬を飼わないの?」とよく聞かれます。
年を考えれば、答えは簡単です。
15年ほどの犬の寿命に、私が世話をしてあげられる自信はないし、
体力も衰えるばかりです。

でも、そういうことの以前に、
どんな犬を飼ったとしても、
さくらほど素晴らしい犬に出会えるわけない。
そう思うと、他の犬は飼えません。

さくらは今、お空の上で何をしているだろう?
モコモコのクッションの上でクークーと眠っているかな・・・

20151112sakura

「野の花」の花束をいただいたり、
庭のバラやラベンダーやセージなどを切りとって飾ったり・・・
草やお花に囲まれて、いい匂いだね。