作成者別アーカイブ: sako

暑さのせいにしよう

街中で、とても面白いシーンに出会った・・・
さんぽ道にぜひ書かなくちゃと、忘れないようにiPhoneのメモ帳に、
確かにメモした。

やっぱり、何のことだったか忘れてしまったので、
(何か面白いことに出会ったことだけは覚えてる)
iPhoneのメモ帳をクルクルと探してみた・・・

ない!

書いた、と思ったことさえ、実は霞の中だったのかな?

ほんとうに、日々、こんなことばかりです。
さんぽ道なんて、まともに続けられる訳はないじゃない・・・涙

毎日暑い日が続きます。
体長に気を付けて、水分をいっぱいとって、
エアコンの冷え過ぎに注意して、
眩しい太陽に目がくらまないように、
日傘や帽子を忘れずに出かけて、
睡眠をたくさんとって、
なんとか、この夏をのりきりましょう。

って、こんなこと書いてごまかしてる・・・

素晴らしい人生

日野原重明さんが105歳で逝去されました。
100歳を過ぎても、現役を続けられる生命力とは、
どんなところから湧き出ていられたのだろう?

私は、100歳まであと何年だろう?と考えると、
それだけで、「は~」っと疲れてしまう。長い・・・

でも、命を召されるまで元気でいられること、
特に、脳が元気でいられることは素晴らしい。
死ぬまで、身の回りのことを自分で出来る生活を送りたい。
誰の世話にもならずに・・・
友人と会うと、そんな話が出るお年頃になっています。

日野原さんのような100歳越えは考えられないけれど、
まだまだ、倒れるわけにはいかない毎日。
がんばって過ごさなくちゃ・・・などと、つい思ってしまいました。

ご冥福をお祈りいたします・・・

7月になってしまいました

いったい、この前アップしたのはいつだったか?
忘れてしまうほど、長い間ほったらかしでした。
なんと6月はたった1度しかアップしていない・・・

その間、世の中ほんとうにいろいろありました。
その度に、頭の中では思うことが溢れ、書きたいと思うのに。
書き続けことを怠ると、
その書くことのなんと大変な労力が要ることか。
書き続けている間は、なんということもない駄文の連続なのに。

世の中もいろいろあったけれど、
5月から6月の間、私もいろいろありました。

珍しく旅に出た(立山黒部アルペンルートから金沢へと)
怪我をした・・・おバカが原因で(老化か?)
風邪をひいてダウンした・・・ついでに薬害で立ち上がれなくなった。
久しぶりに4孫が集まって、お世話に明け暮れていた。
里帰りしていた次女を送って兵庫県へ行ってきた。
とりあず、仕事はちゃんとがんばっていた。

スケジュール表は満杯で、
「だから体調を悪くする」と夫からは睨まれても、
「友人たちはみんな同じ、この程度が普通よ」と反論します。
そうです。だれもみんな、ほんとうに目一杯で忙しく過ごしています。
年を取るって、優雅な生活から遥か遥か離れていくのかな?
優雅になると思っていたのに・・・

気分高揚写真をアップ(高揚するのは私だけだけど)

Pinterestで見つけた画像。「恋しい!」って、それは私のセリフです。
今も、いつも、さくらが恋しい・・・

久しぶりにかっこいい写真を見つけて! ドキン!

こっちも、ドキン!

写真じゃないけど、ドキン!
※ライブがあると公表されました♪ FCのためのコンサートです。ひゃっほ!

先日集まった3孫です。
このうちの2人は今月が誕生日。1歳です。早いな~
去年の嵐を思い出すと、よくがんばった!(私が)と思います。

ぜんぜん違う画像だけど、これには大笑い!

体長70メートルって、シンゴジラ?(ってTwitterに書かれてました)
想像すると、可笑しくて(^^)

さて、著作権侵害をいっぱいしてしまったけど、
相変わらずの私でした・・・

爽やかな朝

湿度が30%台の乾いた空気。
日差しは強く、日焼けしそうだったけれど、爽やかな日曜日。
勢い良く茂った雑草たちを抜き取ったり、伸びすぎた枝を切り落としたりと、
やっと庭仕事が出来た一日でした。

庭の隅にしゃがんで、むせるような草いきれに包まれていると、
一段下になっている道路を歩く人たちの声が届いてきます。

小さな男の子が自転車の練習をしながら通っているらしく、
お父さんが「ほらー うまいじゃないか」と励ましていました。

自転車で通り過ぎる夫婦連れ。その男性の大きな声が。
(奥さんによく聞こえるように、つい大声になるのね)

「鵠沼の駅のそばを通ってくと、いかがわいいホテルの横に出るから・・・・」

あとは通り過ぎてしまったので聞こえなかったけれど、
私は、抜き取ったドクダミの束を手にもちながら、思わずウフっ。
すぐに眼を道路に移して、去っていく自転車の二人を見てしまった。
そう、年代は多分60歳くらい。
そりゃあ、若い夫婦じゃないよね~

だって、「いかがわしいホテル」だもの。
なんだかとても久しぶりに聞いた表現だった。
若者だったら「ラブホの横に出るから」って言うのかな。
少なくとも「いかがわしい」は使わないと思う。

大きなスーツケースをゴロゴロと転がして駅に向かう女性。
仲間と連れ立って、わいわい言いながら自転車で走り抜ける男子高校生たち。
散歩途中の犬同士が「ガウガウガウ」と吠えあって、飼主の「こら!」の声が響いたり。

気持ちの良い朝のひとときが過ぎて、
お腹が空いたな?と思ったら、もう時計は12時近くでした。
今日は、午後ももう少しがんばらなくちゃ終わりそうもないな・・・

咲き始めた紫陽花のそばでコーヒーブレイク

5月が終わる

今日で5月が終わってしまいます。
ゴールデンウィークからスタートした5月、
私にとっても、多種多様の日々が続いていました。
ジェットコースターさながらに・・・

もう若くないので、体力に余裕がありません。
6月は少し落ち着いて過ごせればいいけれど。
そして、楽しいことだけおきてくれたらいいな。
贅沢言ってます。

世の中のさまざまなニュースに出会うたびに、
思うことがふくらみ、
街にでれば、いろいろなものを目にして更に思うことがふくらみ、
本を読めば・・・
映画を観れば・・・
誰かに会えば・・・
何かをすれば・・・
胸の中に言葉は連なるけれど、
キーボードを打って文字を綴ることの気力の要ること!

さんぽ道も、そんな中で風前の灯火になりましたが、
(FacebookやInstagramで写真をアップしたりして満足するせいかも)
20周年まで、あと1年半・・・がんばりたい・・・

ところで、どこかで見つけた誰かのエッセイ・・・

全てのエッセイは自慢である、
ということを書かれたのは井上ひさしさん
「こんな変わった体験をした」
「こんな失敗をしてしまった」
であっても、それはある種のリア充自慢
「私はこんなユニークなものの見方ができる」
「こんな教養を持っている」……もみな自慢

目からうろこのようでした。
今は、その「自慢」が溢れかえっている世の中。
そういえば、シニアが集まれば「病気自慢」なんていうのもあるし。

20年続けるつもりのさんぽ道も「自慢の大全集」となるのです。
それもいいかも、がんばろう。

1円ダメージ

このGWは、屋根裏部屋に上がって(必死で)
レコード盤を下ろしてきました。
これを買い取り業者に買い取ってもらおうと奮闘。

値が付かないようなものがほとんどだけど、
このまま捨ててしまうよりは、もしかしたら誰かが聴くかも、と。
実家にあったクラシックの全集。
夫の好きだったウェスタンソングやワールドミュージック。
イージーリスニング系やフュージョンもありました。
私の独身時代のレコードは、PPMやフォークル、ブルコメ、
(恥ずかしいからみな短縮ネームで)
そして、なんと原辰徳の出したレコード盤まで。

そんなレコード盤を買い取ってくれるお店を探し、
渋谷のレコファンというところに決めました。
このお店はとても良かったです。
やりとり(メール)も、出荷から査定が届くまでも、
とにかく迅速で、必ずその度ごとに丁寧な内容のメールが届きます。

2つの段ボールが送られてきて、
レコード盤の他にスペースがあれば、CDなども入れてください、
ということだったので、
もう手元に置く価値がないと思うCDも入れて送りました。

佐川急便で出荷したら(無料です)すぐ翌日に、
「査定結果」のPDFが添付されたメールが届いて、
その素早さに感激。

そして、その査定結果のPDFを見て、
なんとも不可解な文字に出会ったのでした。

Amazon1円ダメージ有
送った30枚ほどのCDの2/3がこれで、1枚25円しか付きません。

なに? Amazon1円って・・・・

そこで、すぐにネットで調べました。
判明!

それらのCDが、Amazonで1円で売られているのです。
今、Amazonのマーケットプレイスでは、
本やCDなどが1円で、大量に販売されているらしいです。
それらは、個人やどこかの業者たちの出品したもの。

Amazonで1円で売られていれば、
レコファンなどの中古レコード・CD店ではもう商売にならない。
ということで、本来ならもっと値が付くCDでも、
揃ってどれも25円になってしまいました。

そうなんだ・・・
そんな世の中になっているのだ。知らなかった。

とはいえ、買取りしてもらう本来の目的は、
不要なものの処分ですから、
いくらでも構わなかったので、すぐに査定OKの返事を送りました。

しかし・・・
ものを処分するって、ものすごくエネルギーのいることです。
古いレコードや聴かなくなったCDを処分するだけで、
たくさんの時間と労力を使いました。
他にも、断捨離をがんばったので、
GWは、ほとんどそんなことで終わってしまった!

Instagram

Instagramがどんなものかを知るためと、
かわいいコーギーの写真や、
世界中の風景写真、きれいな写真を見たくて、
アカウントを2つとっています。

コーギー写真を見るためのアカウントには、
お空にいるさくらの写真を時々アップしていますが、
そんなアカウントでもフォローする人がいて、
(見知らぬ外国の人が見ていると思うと、ちょっと緊張も)
なんだか、少し気が引けます。

そして、コーギーの写真だけが並んで欲しいので、
その他の写真を見るために、別アカウントを取っています。
こちらには、古いものや最近撮ったものなど織り交ぜて、
基本は花や緑などの写真を時々アップ。
こちらは、フォローされることは滅多にありません。

ブログと違って、テキストは何も書かないし(私の場合)
(いっぱい書いている人もいます)
過去の写真であろうと、最近の写真であろうと、
それは何も気にしなくてもいい。何でもいい。
だいたい、自分の写真じゃないものをどんどんアップしていく人も多いし。
それでもいいんだ、と最初はビックリ。

しかし、すごい世界です。
ごく普通の人なのに、
10000、20000、100000という数のフォロアーがいて、
掲載写真はあっという間に「いいね」が数千・・・
そんなインスタグラマーはたくさんいて、
そんな人たちは、一日の大半をInstagramで過ごすのかも。
何がそうさせるのか、よく分からないけれど・・・

「インターネットが人間社会をを変えた」と言われるけれど、
インターネットの歴史なんて、30年になるかならないか?
そんな短い期間で人間社会が変わってしまったというのだから、
うかうか、年老いていられません・・・

ということで、一応、InstagramもPinterestも体験中です・・・

新宿の夜

GWど真ん中の昨日、親友たちと会いに出かけた新宿。
その混み方はすごかった。
圧倒的に若い人たちで溢れていて、油断すれば道から押し出されそう。
そんな中、いつもの笑顔に囲まれて美味しいビールで乾杯です。

お決まりのキリンシティも混んでいて、
そこそこの時間になると「ラストオーダーを」と言われました。
(まだ夕方が終わったばかりの時間です)
レジの横では、空席を待つ人が並んでいましたから、
長居はできずに、追い出されても仕方がないですが。

そこで、近所の居酒屋さんへ移動。
飲みなおしです(って、私はすでにノンアルコールビールだけど)

で、私たちは固まりました!
私たちの後ろの席で飲んでいた男性2人女性2人のグループの、
それはそれはけたたましい笑い声と話し声に。

時々、賑やかなグループに出会うこともあるけれど、
昨日のその4人連れ(賑やかなのは女性で、特にそのうちの一人でしたが)のレベルは
とびぬけて騒々しかった。それは耳を覆うレベル。
若い女性ではなくて、中年の女性です。

不思議です。
普通に話をするときに、あんな大声で話したり笑ったりするかな?と。
ためしに、私たちも大声で笑ってみようとしたけれど、
ぜんぜん・・・ とてもそこまで届かない。

さすがに、横の男性が口の前に人差し指をたてて、
「しー」という動作をしていたけれど、
女性はぜんぜん気にもしませんでした。

大きな声を発することや、大声で笑うことは、
健康にとても良いのです。
ストレスも発散してしまうだろうし、
肺も活発に呼吸します。
日々の中でそんなエクササイズをすると良いそうです。

その女性はきっと、健康なのだろうな~と思いつつ、
健康に自信のない私たちは、
静かに、でも楽しく、お喋りを続けましたが・・・
(時々、耳をふさぎながら)

また来月も会おうねと約束して、早めに解散した夜、
少し肌寒いホームから湘南新宿ラインに飛び乗りました。
すぐにウトウトしてしまった・・・

2017年のGWです

今日から今年のゴールデンウイークがスタート。
世の中どこも、ワクワク感が溢れています。
私は普段とそんなに変わりのない日々。
でも、NPOの仕事はお休みで、ちょっとのんびりです。

しばらくアップしていなかったので、まとめブログです。

急ぎの用事で日帰り熱海。
ひとりランチは駅のラスカにあるパスタ屋さんへ。
でもパスタじゃなくて、熱熱の石焼ドリアを。

先日、地元のさいか屋にニトリがオープンしました。
早速、仕事の帰りに寄り道してきました。
まあ、ニトリでした(^^;)

出張レッスン(?)のお宅で食べたランチは
筍ごはんが入って季節が詰まってした。
茅ケ崎濱田屋さんのお弁当です。
いつものように、お勉強はそっちのけ・・・

昨日、新聞に入っていたチラシに誘われて、
コストコ初体験してきました。
行ってみたいと思いながらチャンスがなくて。
なかなか面白かった!
見学のつもりが、なんだかいっぱい買ってしまった。
さすがに、大パックのお肉や魚などは遠慮したけれど。

コストコに行く道、真っ青な空にアドバルーンが浮いていました。
アドバルーンなんて、ものすごく久しぶり。

思わず、iPhoneで写真を。
まあ、パチンコ屋さんのオープンだったのだけど・・・

さて、連休初日はとても良いお天気で、
一日中庭仕事の日になりました。

ほったらかしていたクリスマスローズの花も切り落として、
ガラス瓶に飾りました。
数日は楽しめます。

フウロソウです。

こちらはクリスマスプレゼントに届いたシクラメン。
まだまだ元気で咲いています。
蕾はもう上がってこないので、この花で最後ですが。

ということで、近況報告・・・
内容は何もない、相変わらずの近況報告ブログです(^^ゞ

冷たい雨の日のこと

その日は冷たい雨が降り、前日までの暖かさが嘘のように寒い日でした。
少し前、4月9日の日曜日の事です。

2008年から2011年ころ、通い詰めた江の島。
NPOの女性団体の中で、振り回されるように忙しい日々を過ごしていました。
その団体の事務局員として、一緒に仕事していた女性がいました。
あの頃は、代表と副代表と私とその事務局の女性と、
4人が孤立するような形で、戦っていた日々だと言ってもいいくらい。
大きな嵐の中にもまれるように、心をすり減らしていた数年間。

先日、その事務局の女性の訃報が突然飛び込んできて、
葬儀にかけつけたのが、その寒い寒い雨の日曜日でした。
私よりもかなり若い女性でしたが、今年に入って体調を悪くして、
入院治療をされていたのに、その甲斐もなく亡くなったそうです。
訃報を聞いて、私は一瞬息が止まるほど驚きました。

葬儀はしめやかに行われ、
棺の中の少しやせた彼女のお顔にお花を添えて、お別れしました。

そして思うこと・・・
人の一生とは、なんと儚いものだろう、と。

その葬儀の場で、久しぶりにお会いしたあの頃の代表から、
代表の個人的なサーバー情報を教えてほしいとメールが来て、
古いデーターをバックアップしてある外付けHDの中を、
今夜はずっと探していました。
結局、見つからなかったのだけど・・・

古いファイルをひっくり返して、今更ビックリ!
あの女性団体を手伝っていたころの、データー量のすごいこと。
山のようにファイルが保存してありました。
いろいろなことを手伝っていたのだな~
よくやったな~
で、もうこんなこと、出来ないな~
僅か数年前だけど、あの頃の気力・体力、もうありません。
しかも、楽しいと思ってやったことは無かったし・・・

今は、楽しいことしかやらないようにしています。
100%ではないけれど。
そうです。歳を重ねたら、もう残りの人生は無理をしない。
イヤなことは引き受けない。
楽しくないことはやらない。
笑顔になれるようなことだけ、やろう!

心にそう決めているけれど、これがなかなか難しい・・・

葬儀でお見送りした女性は、
何年も前にご主人が先だっていました。
きっと天国で、尽きない話を語り合っていることでしょう。
ご冥福をお祈りします・・・