やっと秋

都心での用事を終えて帰宅途中の小田急線。
吊革につかまって立っている私の目の前に4人の女子高生が並んで座っていました。
友達だけど、話はちょっとだけで、みなそれぞれに自分のスマートフォンを触っています。
入力する指が早い! LINEかなあ?

いつのころから、女子高生が学校へスマートフォンを持っていって良くなったのだろう?
携帯電話が広がり始めたころ、中学はもちろん、高校だってさほど自由に学校へ持っていけなかった。
次女たちの高校時代は、ポケベル、そしてPHSだったけれど、親たちと学校は何度も話し合いがあった気がする。
長女の学校は禁止だった。

今、彼女たちは友人仲間と、スマートフォンを通して密度の濃い繋がりを持っているのだろう。
それが、彼女たちを楽しませ、励まし、そしてあるときは苦しめる。

そっか~ でも簡単だなあ~ 今の繋がりって。

ふと思い出したのです。
中学生のころの定期試験の前のことを。
親友と約束しました。
「夜の10時に、一緒にお月様を見よう!」

約束通り、勉強をちょっとストップして、庭に出て夜空を見上げる。
友達はきっとベランダで見上げていたと思う。
もちろん、いつも月が出ているわけではないけれど、夜空を見ればそれでいい。
「〇〇さんも勉強の途中に、今、一緒に月を見てる」
そう思うだけのことで、また机に向かって頑張りました。

さて今は、ラインで簡単に友達と
「数学やってる~? ぜんぜんわからないよー」
「やってる、やってる。わたしもわからないー」
なんてトーク画面で流し合う文字。

比較をしても意味ないけれど、
昔は努力と実行が必要で、そしてその先にはちょっと夢があったかも?
なんて、女子高生たちを見ながら考えていました。

駅の近くで夕食の食材を買い、急いで帰宅する途中。
気が付けば、あたりはどんどんと暗くなり、日が沈むのが早くなっていました。
夕景が広がって、秋の空気が感じられた帰り道。
バッグからiPhoneを出して市役所を撮りました、

撮ってみた!

新しいの3つのレンズ、特に超広角レンズがどんなものか、
早く試してみたかったので、大船フラワーセンターへ行きました。
今年も、芝生の広場にオバケカボチャをゴロゴロ展示してるというので、
これはチャンス!です。

9時からオープン。5分前には到着して開門を待ちます。
カボチャの原っぱに人が誰も来ないうちに、と。
正門の前でまずは1枚。やっぱりすごい!とニコニコ。

13mmの広角の効果はやはりすごいです。

しかも、シャープ! 手前から奥まで、バッチリ。

今までの私のiPhoneはレンズが1つだけ。ポートレートモードにも無縁でした。
それで、こちらも試してみました。
特に、新しい3つのレンズは、ポートレートモードでも広角が選べます。

ポートレートモードで広角にすると、あまり不自然さがないかもしれない。
女性や子供など、景色と一緒に撮りたいときに便利かな。

こんな感じで撮れば、iPhoneのポートレート独特のボケじゃなくなる?

縦位置での超広角。風景によって、素敵な写真が撮れそうです。
そして、撮影時の被写体の明暗差を補うHDRですが、
新スマートHDRはiPhoneXシリーズのものからさらに進化したといいます。
このような写真を撮れば、普通に撮れば空は真っ白、あるいは木々が真っ黒。
それを、ただ超広角を選んでシャッターを押すだけでここまできれいに!
驚きでした。

スマートホンのカメラ機能がこんなになるとは想像もできなかった。
その昔、初めて携帯電話にカメラがついて、撮った写真。
小さくて、ぼやーっとしてて。
その時から何年が過ぎたのかな。
テクノロジーの進化に驚くとともに、こんなことを追いかけているだけでよいのかな?
なんて、それは老人のたわごとなのでしょうか?
とりあえず、そりゃやっぱり楽しみます。

もう戻れない?

四季の美しい穏やかな日本に戻ってほしいけれど、
きっともう無理なのかもしれない。
台風による被害は想像を超え、
各地に公的な施設、設備などを作るときは、
「想定」の数字を大幅に修正しなくてはならない時代になった。

被害に遭う人と遭わなかった人との違いは紙一重。
明日は、自分の身に起きても少しもおかしくない。
こんな時代に家族を作り、新しい命を育てていく人たちは大変だ。
その子の未来の先の先まで、地球はゆっくりと歴史を刻んでほしい。
婆ちゃんたちを代表しての独り言です。

Instagramにのせた写真です。庭の隅でひっそり花を咲かせていました。見落とさなくてよかった。青い小さな朝顔。こぼれ種で毎年咲いています。

先日出かけた熱海です。
天気が悪くて、曇りから小雨模様に。
初島も煙っていました。

で、またタピオカに出会ってしまった。

熱海駅にあるラスカに入った途端の立て看板。
このお店「五味八珍」は浜松餃子やラーメン、唐揚げなどのお店。
私も、よく浜松餃子を食べに行きます。
タピオカとはぜんぜんイメージ合わないけれど・・・

いつまで続くタピオカブーム。おまえもか!とそこここで。

さて、用事を終えて、夜は一人でコンサート(^^ゞ
9月初めに手元に届いていたライブビデオを、やっと堪能できました。

ときどきテレビ画面をiPhoneで撮って、
あとから、遊んでおりました (^^;)

いろいろ

今日は少し気温が低く、時間もあったので鎌倉へ。
鶴岡八幡宮へ、いろいろお願い事のお礼参りを済ませます。
いつもいつも、最後は神頼みで八幡様へ。
お願いしっぱなしではなく、報告やお礼も必ず行きます、が、
暑くて足が遠かった・・・

暑さのせいか、お参りする人は少なかったですが、
あちこちに、浴衣姿の若い女性や男性も。
以前は見られなかったのに、ほんとにあちこちに。

びっくりなのが、タイワンリスがますます増えて、しかも人慣れしている。
餌をもらえるせいなのだろう。
生態系がすっかり変わってしまった。もう戻らない。

無事にお参りを終え、あたりを散策し、お昼を食べて帰宅しました。
涼しいといったって、やっぱり暑かった・・・

今朝の庭。100輪咲くというひまわりはまだ咲き続けていますが、
こんな様子に、なんだか今の私みたい、と思えてしまって。
暑さでヘナヘナになってしまった私。こんなです。

鳴いていないアブラゼミ。そろそろ夏も終わり・・・のはずだけれど、
天気予報ではまだまだ30度以上が続くらしい。

ところで、月曜日にPC講座(Excel)のサポートがありました。
来週もあるけれど。
講師の顔写真はいいかな。有名人だから。

いつもはSurfaceを持っていくのに、重いからiPadでごまかす。
iPadにもOffice Excelが入っています。
講座の内容にはついていけないけど、Excelとしてはそこそこ使えます。
この日は、よくできる人とまったく初めての人とが受講されていて、
特に初めての人のサポートにとっても大変だったのでした。

講座が終わって、お腹すいて・・・
友達とお蕎麦屋さんに飛び込みました。
駅ビルにある「高田屋」です。

暑いときは冷たいおそばがなによりです。
なので、今日のランチもお蕎麦屋さん。小町通のなかむら庵という
ずっと昔からあるお店です。

体の芯までひんやりして、ほっと一息できました。

いつものごとく、たあいのない日記でした。
たまには実のあることを書きたいけれど・・・ 無理みたい。

9月というのに

9月になりました。

庭の草陰から聞こえてくるはずの虫の音は、まったく聞こえません。
夜がこんなに暑かったら、虫たちだってまだ真夏と思ってるよね。

ひぐらしの「カナカナカナ・・・」という鳴き声は
今年はまだ、一度も聞いたことがありません。

そして、私は暑さでほとんど機能障害中・・・

とはいえ、先週出かけてきました。遅ればせだけれど。
生産を終了した日産車体湘南第一工場の跡地に、
2016年10月オープンしたららぽーと湘南平塚店です。
3年も経ったのに、まったく興味がなくて行っていなかった。

Wikipediaからいただいた外観写真です。ここから奥行きはかなりありました。広い。
お昼はイタリアン。サラダビュッフェで好きなだけ。
メインはピザ。写真を撮る間もなく連れとシェアしてしまった。

平日の開店直後だったので、空いていました。
広々として、歩くのもお店をのぞくのも楽だった。
我が家のそばには大型のショッピングモールが3つもあり、
平塚までは・・・と思っていたけれど、
場所が変わればお店も変わる。
楽しかったのでまた行ってしまうかも。

暑さにめげて、庭の手入れはまったくです。
写真も撮ることなく、従って8月のInstagramは夏休み。
いつになったら、カメラを持って出かける気がおきるだろう?

でも今日は久しぶりにシャッターを。って、こんな写真ですが(^^ゞ

Instagramにも久々に載せた写真。ゴムの木の取り木です。

何年前になるのだろう?
息子が100均で買ってきたゴムの木を、なんだか大切に育てていました。
大きく育つたびに植え替えしたりして。
でも、出ていくときに我が家に置き去りに。

その後、枝はヒョロヒョロ延びるし、
葉っぱには盛大にカイガラムシがはびこるし。
形は悪くなるばかりなので、庭に下ろして、まずはカイガラムシ退治。
殺虫剤をガンガンに撒きました。
諦めていたけれど、しばらくして擦ってみたら、パラパラと落ちた。
そして、水苔を使って取り木をしてみました。
ちゃんと根っこが出て、再生を果たすかどうか?
水分を切らさないようにしながら、がんばってみます。
ちょっと楽しみです。

これからしばらく、講座の手伝い、大きなイベントなどが続きます。
身体は動いてくれるのだろうか・・・?

みんなで夏休み

3年前に生まれた孫たち。
ビニールプールに水が入るのを待ちかねたように、
着ていたものを脱ぎ捨てて、みんなでドボン!
「お風呂じゃないんだから、水着着なさい~」のママさんたちの声は、
まったく耳に入らない3人でした。
※さすがに、ピンクのハートで大切なところを隠しました(^^ゞ

みんなで打ち上げ花火を楽しみました。熱海にて。
とはいえ、海岸へは行かず、マンションのベランダから。

花火の翌日(月曜日)のお昼は熱海銀座へ。
美味しいお蕎麦屋さんがあるからと娘に案内してもらい、
みんなでバスに乗っていきましたが・・・
超混雑の熱海市内。のんびり歩いたって30分もかからないところを、
40分ぐらいかかってやっと熱海銀座へ。普段ならすぐに着くのに。
とにかく、どこもここも人がいっぱいの熱海。
そして、お店も満席。しばらく席の空くのを並んで待ちました。
それでも美味しかったので満足です。

帰宅して、長女一家は自宅へ帰り、次女と孫だけに。
ただいま昆虫、特にカブトムシとクワガタに熱中の孫を連れて、
みなとみらいにあるオービィYOKOHAMAで開催中の「昆虫展」へ。

外国産のクワガタやカブトムシに大興奮!
ギラファ、ヒラタクワガタ、バリーフタマタ、
ヘラクレスオオカブト、コーカサス・・・・などなど
日本の「カブトムシ、クワガタムシ」しか知らないで子育てしてたころと、
今は大違い!

なかなか外に出ようとしない孫。私は飽きて外へ。
ふと見ると、テラスの先の緑が目に入りました。
高層ビル群の中のグリーン。不思議な空間。
左はランドマークタワーでした。外に出てみて分かった!

隅の方まで行くと、みなとみらいの高層ビルが目に飛び込んできます。
ランドマークタワーがそびえ、たくさんの思い出が走馬燈のようにめぐり、
しばらく立ち止まって、それらの景色を眺めていました。

こちらは、コスモワールドにある観覧車から。
せっかくだからみんなで乗りました。
前に乗ったのは何年前だったか・・・ けっこうワクワクでした。
赤レンガ倉庫、大桟橋、豪華客船、氷川丸、山下公園・・・

こちらは我が家。
100輪咲くというひまわりもまだ元気。ほんとに100輪咲きそう。
そして、がんばって組み立てたベンチも役立ちました。
一番上の2年生の孫が、まだ朝ご飯も食べる前から、虫探し中。

その他、いろいろ盛りだくさんの夏休みでしたが、
まるで台風が去っていくように、みな帰っていきました。
ほっとする暇もなく、色々な仕事や用事が待っているけれど、
ちょっとだけ束の間の休息タイム・・・
そういえば、今年はなんだかとっても疲れた。
暑さのせいにしておくけれど、でもきっとこれが年を取るってことなのだろうな。
もっともっと身体を鍛えておかなくては!
みんなとまだまだ遊びたいもの。

まだ梅雨は明かず

放火は犯罪の中でも特に罪が重いそうです。
そして、放火犯はほとんどの場合、精神が普通ではない。
そんな犯罪のために失われたいくつもの若い命。
一瞬のうちに黒煙と火に包まれて、どんなに恐ろしかっただろう。
自分の孫が・・・と思うと、ほんとうに痛ましすぎる。

庭の八重カサブランカ 雨や曇天の下ばかりでちょっとかわいそう

昨日、NPOの事務所に行くときのこと。
駅にあるルミネからの階段を降りて行きました。
この階段は、3階から1階へ降りるので少し長く少し急で、
上る時はちょっとフーフー。降りる時はけっこう怖いです。
年を取ると、とにかく、階段を降りる時の怖さが増していきます。
なんでだろう??? 

私は、手すりを軽く触れながら、足をしっかりと踏んで降りていました。
その後ろで声が・・・ スマートフォンで誰かと話している。
わー 若い人ってすごいなー この階段を電話しながら降りていく。
(え? 当たり前のことなのかな)

彼女は高校生でした。私の横に並んだときに分かりました。
そして彼女は・・・
「おばあちゃん、夏休み、いつ行っていい?」
「・・・・・・ じゃあ、8月※日から行くから」
「〇〇叔母ちゃんも来るよね。〇〇に食べに行こうよ」
そう言いながら、私を追い越してどんどん先へ行ってしまいました。

電話の相手はおばあちゃんらしい。
夏休みに、祖母のところへ行く日程相談をしていたみたい。
女子高校生を迎えるおばあちゃんって、何歳くらいなのだろう?

そうか・・・
私の5人の孫たちが高校生になったころ(みな男子ですが)
「ばあちゃん、夏休みに行くから」って、やってくるのだろうか?
そしてその頃、私は何歳だろう?
う! おそろしい・・・ 受け入れ態勢、できるんだろうか???

7月になりました

日本にトップスターが集合した映像に思わず目が固まった。
トップスターたちはあっという間に去っていってしまったけれど、
どれだけの準備と、人員と、予算が必要だったのだろう・・・
なんて下世話な計算をしてしまった6月の終わり。
そして今日は、無事に7月になりました。

そんな6月末の昨日、男声合唱団のコーラスを聞きに市民会館へ。
もう3年続けて通っています。4人も知人が出演しているので。
いつものパソコン仲間と一緒に6人そろって行きました。
仲間と一緒に行くことで楽しいのか、コーラスが楽しいのか、
分からないけれど、楽しい時間を過ごしてきました。

そして、7月・・・今年が半分終わった・・・

市の検診と自分の定期的な健診と、両方のために受診。
空腹で出かけるので、健診の日はなんだかつらい。
終わると、帰宅するまえに朝&昼のご飯を。
どこにしようか迷って、結局久しぶりのKOBEYAへ。

KOBEYAやStarbucksのあるルミネビルへ行くと、
ビックリ! いつも便利に立ち寄るお店がリニューアル中。
7月18日までなので、気を付けなくては。

KOBEYAの前から見える景色。工事中。
駅から出られるデッキも大工事中。長い期間工事が続いています。
出来上がったらどんなになるのか。
比較のために、工事中の写真も撮りました。

こちらは、ビックリのパン屋さんです。
つい最近オープンした、小さな小さなパン屋さん。
ここは細長い建物で、裏側でマンション工事が始まっています。
この建物は、先日まで、柑橘屋さんとジュース屋さんとiPhone修理屋さんでした。
みな撤退したので、マンション工事と一緒に壊されるのだとばっかり。
壊さないなら、どうして柑橘屋さんたちが出て行ったのだろう?

パン屋さんでパンを買ってかえりました。大麦食パンです。
お店は可愛い女の子がやっていました。

そして・・これはおまけ(?)
今日、健診のときに「呼吸機能検査」をしました。
分かっていたけど、ぜんぜんダメで(いつもダメ)
肺や気管支が弱くて、プーッと吹き出せないのです。
先生が気の毒そうに手渡してくれた結果の紙には・・・
(引き算はしないように・・・よろしく!)

長生きできなそうだな~
(数値が悪いのは、喫煙ではなく、子供のころからの喘息のせいです~)

ジャカランダ

久しぶりに写真をいっぱい撮ってきて、どれにしようか迷って、
そしていくつか選んで、とりあえずFacebookに投稿して、
そんなことしていたら、こちらが遅くなってしまった。
「ジャカランダ」のお花は?と尋ねてくれた友達もいて、
早く載せなくちゃ、と・・・
ほんとうに美しい樹、そして美しい花でした。
(Facebookに載せた写真と同じですが・・・)

ジャカランダは南米産のノウゼンカズラ科だそうです。
熱海市は1990年、ポルトガルのカスカイス市から2本が贈られて、
それを機に、今では熱海の夏を告げる花として楽しまれています。
と言ってる私、熱海とは長い縁なのに、花の時期に行くことが無くて、
今年はやっと間に合いました。

青紫の花と、透き通るような爽やかな緑の葉。
白いホテルの背景によく似合っていました。

花は釣鐘型で下を向いて房になっています。
この日は雨があがったばかりなので、特にしっとりしていました。

海岸の前に「親水公園」が作られ、遊歩道が続きます。
その遊歩道は、ジャカランダの道。
ベンチに座ってゆっくり眺めて、楽しめます。
(観光客で混んでいなかったらだけど)
頭の上に花びらが落ちてきたら幸せなことがあるのだとか。
花びらは大分散っていたけれど、私の頭には落ちてこなかった・・・

まだまだ、写真はたくさん。また載せるかも。
それと、他にもいろいろ・・・
写真を撮っていると、色々なことをみんな忘れてしまいます。
また、カメラを持ってどこかに行きたいな~

憧れの花をめざして

憧れというとちょっと大げさですが、
どうしてもそばまで見に行きたくて、とにかく行ってきました。
綺麗に咲いていました。間に合ってよかった!

と、その前に・・・梅雨は青紫の花が多いのですね。
今年は特にそれを感じました。
Facebookと同じ内容になりますが、さんぽ道にもまずは序章を・・・
(って、もったいつけて、ほんとにヤな感じだけど)

海の周りの公園や道路にあるその木のところにいくには、
この道を通るとずっと近道。
すごく急でちょっと気持ちが萎えるのだけど、
そこに住んでいるひとには生活道路の階段だもの、弱気は恥ずかしい。
先ほどまでの小雨がやんで、ぬれそぼった紫陽花が一斉に下を向いていました。

まずはこの階段です。足元がすべりそう。
写真を撮ったらカメラをしまい、しっかり手すりにつかまって下りました。

急な階段の次は、不安定な石段。
なんとか無事に降りてくると、駅の方に回るよりずっと早い。
超ショートカットの道でした。怖かったけど。

通りに出ると、西洋朝顔が上の方まで。
見上げながら写真を撮っていると、通りすがりの女性から、
「きれいですよねー 一年中咲いているんですよ」と。
ずっとずっと上の方まで、弦が延びて咲いていました。

少し降りていくと、ホテルの敷地の周りでアガパンサスが真っ盛り。
ここのアガパンサスは毎年見事です。
いつも車窓から見るだけだけど、今回は歩いて通り抜け。

最近はどこでもよく植えられて、目にすることが多くなりました。
でもこの花、私が高校生のころから、父親が庭で何鉢も育てていました。
(何年前になるのだかは、計算しない!)
そのころはとても珍しく、名前も「紫君子蘭」と呼んでいました。
そして、梅雨のころになると一斉に青い花が咲いて、私も大好きでした。
懐かしい思い出・・・
我が家に今も咲いているアガパンサスは、その父の育てた花の子孫です。

青いアガパンサスを横目に、私は海に向かって降りていきます。
めざす青紫の花「ジャカランダ」へ・・・
まだ咲いていますように、と心で願いながら・・・